遊びに行くぜ~♪


トリミング・AC・ランチから帰ってからの事

家に入る前 ポストを覗くと
何やら色々入っていたので取り出すと
あーさん からレターパックが…


開けてビックリ!!

2017-6-18-1.jpg
まさかのフォトフレーム


ぽんさんのACの時

『店にオレの写真を置いて欲しい。自分が真ん中で
両側にあんことくりが写ってるやつ。
で、白いドアを開けたところに置いて欲しい。』

と言っていたが まさかぽんさん…
アンタ催促しておいたんかい!?


こりゃさっさとご希望の写真を探して
早く飾れって事よね

いっぱい写真は撮ったけど 以外とぽんさんが真ん中って
少ないんだよね。
しかも若干ぽんさんが後ろに下がり気味の写真って( ̄▽ ̄)


せっかく素敵なフォトフレームを頂いたし
ぽんさん納得の1枚を飾らなきゃね。

あーさん ありがとうございます




そんなぽんさん 本体があった頃は門外不出の神サマだったが
重いカラダを脱ぎ捨て 身軽になったせいか
基本は我が家にいるが あちこち出回るようになったようだ。

なので みなさんのお宅にも こっそり遊びに行くかもですが
その時はよろしくお願いします


2017-6-18-2.png
おりゃ~遊びに行くぜ~♪


ほどほどにしときなさいよ~











スポンサーサイト

ぽんさんとAC


今回はとても長いぽんさんのトークショーになります。
ワタシの備忘録なので 興味のない方はスルーで。


****************************


女子たちのシャンプーも終わり
いよいよ本丸。

ぽんさんのAC


2017-6-16-1.jpg

シャンプーで疲れて 撃沈する女子たち


お願いしたのはいいけど 何を聞こうか?
ずっと悩んでいたが いきなりの先制攻撃

『オレ 死んだぜ』

『(病院の)先生が一所懸命やってくれたから
とりあえず生き返った。だけど死んだよ。』

トリマーさんが「知ってる」というと

『誰に聞いた!?』

『お客さんには 自分で「死んだ死んだ」って言ってる。
オレ 愛されてた。
死んでも家にいろって言われた。』

『オレ 店とか家にいる。人に気づかれずこっそりといる。
時々気づいて。』

…ゴメン。ぽんさん。教えてほしいんですけど

『きんが気づいてるらー』
きんたの事を「きん」と呼ぶらしい。
そして なぜ遠州弁…( ̄▽ ̄)


『仕事してる時 うるさくすると怒るから
縫ってる所にいるじゃん』
…それは ミシンの置いてある所ですか??

『家だと キッチンやラグの上で 誰もいない時寛いでる。
「ざまぁみろ」って感じ』
・・・・・

『小さい女の子が一番気になってる。
オレが死んだ事を遠回しに言って欲しい』
トリマーさんが「就学前ぐらいのコで心当たりある?」と。
…めっちゃありますっ!!


『死んだら 近所の人にいっぱい会ったぞ。
死んだ鳥にも会った。拾った鳥にも会った。
柴犬みたいなのにも会った。』
死んだ鳥とは前に飼ってたふくろう。
拾った鳥はぽんたが散歩で見つけたスズメ
柴犬は近所のコで散歩の時メッチャ吠えてたコ


『昔の汚い家にも行ってみた。
見た感じはキレイになってた。』

『3匹ぐらいポメにも会った (茶2・黒1)』

『ここ(トリミングサロン)に来たらオレの事で笑ってた。
…ハラ立った

『あんこが悲しむと思ったら フツーだった。
福井に連れてってくれるのかなぁ~?』
市の斎場で紙を渡され
遺骨の一部を福井県のお寺に納骨供養すると書いてあったので
夏に行こうか~と話していた。


『店にオレの写真を置いて欲しい。自分が真ん中で
両側にあんことくりが写ってるやつ。
で、白いドアを開けたところに置いて欲しい。』
みんな一緒でぽんさんが真ん中…?探してみます。

『ずっといていいのかな?』

もちろんっ!ずっといてほしいって言ってるじゃん

『美味しいモノください』

…はいはい

『これからも何か飼うときは相談してください』

そうだね(笑)ウチのコはみんなぽんさんのペットだもんね~

2017-6-16-2.png
頼むぜ~♪



*****************************


すると 唐突に5月9日の事を語り始めた。

『車に乗った記憶はある。水たまりを見に行く~♪』
水たまりとは浜名湖の事。ずい分でっかい水たまりだ…

『車を降りた記憶はない。目が覚めたら病院だった。
先生が「ぽんちゃんぽんちゃん」「元気になるよ」と言ってた』
ぽんさん 先生の事大好きだったもんね~

痛かった?苦しかった??と聞くと
全然それはなかったそうな。
もうそれだけが気がかりだったが 痛いや苦しいがなくて
本当に良かった。

『細身の白っぽいおばさんがお店にお土産をいっぱいくれた。
その頃から生きた心地がしてなかった。』

ぽんさんが覚えている最後のお客様で
亡くなる数週間前にご来店されたそうな。
でもそんな方は来店されてないので ぽんさんにしか
視えてなかったと思う。

そして、今この時間(トリミングサロンでの時間)

『きんとお留守番してやってる。
きんがさみしくないようそばにいてやってる』


もう少し経ったら また楽しい思い出話も
できるようになるから またいつでもACしにおいで。

と、言ってくれたトリマーさん

どうもありがとうございました。

ぽんさん またトークショーよろしくね











旅立ちの日


5月11日(木)


この日は ぽんたの旅立ちの日。

朝から見事な五月晴れ


2017-5-19-4.jpg
ぽんたの大好物 トネリコの新芽も立派に育ってた


できる事ならずっとそばにいてほしいが
12日は友引 それが過ぎると土日になってしまい
月曜日までだとこの陽気は厳しい…

なので、11日に斎場に行くことにした。


午前中は仕事をし お昼からしばしお店を閉めて
ダンナとふたりで見送ることに


最後のお別れ
2017-5-19-2.jpg


前日までは まだ柔らかかったぽんさんも
悲しいかな すっかり硬直してしまっていた…


ふたりで 市の斎場まで行き
手続きをした。

浜松市の斎場の場合 火葬の金額が
体重によって変わってくる

量ってみると さすがぽんた
箱入りとはいえ 8.2kg(笑)

そのまま ペット用の火葬場まで連れて行き
職員の方に託した。

地域によってこの風習があるかないかはわからないが
浜松では 『火葬場の道順を行きと帰りで変える』
という風習がある。
これは『霊が道に迷い戻れないようにする』なる意味があるそうな。

ぽんさんにはいつでも戻ってきてほしいので
ガッツリ同じルートを使ったワタシたち

車の中でもダンナと

「そもそもぽんた、車から降りてないんじゃね?」

「ちゃっかり家にいたりして~」

などと、泣き笑いになりながら 帰ってきた。




身体は旅立ってしまったけれど
ぽんちゃん アナタのこの笑顔はずっと忘れないから。

2017-5-19-3.png
おりゃ~いつでもココにいるぜ~♪


ずっとずっと一緒だよ。











本日 コメント欄お休みします。

最後の夜


5月10日 (水)

病院から帰ってきたぽんた


箱の中にちんまりと入っていたので
これじゃさみしいだろうと 急いで花を買ってきた

2017-5-18-1.jpg


あら~。お花畑で寝ているようだよ~


長患いではなかったので やつれた顔でもなく
パッと見ると ただ寝てるだけで
「ぽーんたっ!」と呼べば

2017-5-18-2.jpg


「…ん~?」

と、目を開けてくれそうなほど 全然変わりない
いつもの顔。



この日の夕方

友人まるこが こまると一緒に
ぽんさんとの最後のお別れに来てくれた

ぽんさんのために花束とオヤツを持って。
2017-5-18-3.jpg
※ 花束はこまるが切って棺に入れてくれた


まるこの事が大好きだったぽんた

最後にお別れのあいさつに来てくれて良かったね。

まるこ 最後までぽんたの事可愛がってくれて
ありがとう。




仕事も終わり 自宅でも

きんたがお別れのあいさつ

2017-5-18-4.jpg


ぽんさんが認めてくれたから
きんたも我が家の一員になったんだよ。

そういえば きんたが店の中にふらっと入ってきた時
一番最初にぽんさんのケージの前で
ゴロンと横になってたよね…


あんことくりも ちゃんとぽんさんにお別れのあいさつ

2017-5-18-5.jpg


ふたりとも ちゃんとわかっているのか
神妙な態度で ジッと見つめていた。

これが最後の3ショットになるのかな。

もっともっとこの3ショット
たくさん見たかったな。











本日 コメント欄お休みします。

神サマが神様になった日


我が家の最愛の長男 ぽんたが虹の橋を渡ってしまってから
早1週間。

ずいぶんとブログを休んでしまってる間にも
ラインやインスタでお悔やみのお言葉を頂き
ありがとうございました。

まだ若干抜け殻感はありますが
そろそろぽんさんのご報告をせねばと思い
今日からまた再開します。

しばらくはお見苦しい画像などありますが
ご容赦ください。



**************************



さて、話は遡る事 5月9日(火)

前日の8日と連休だったが 全然出かけてなかったので
お昼はラーメンでも食べに行こっかー!
と、いつものワコーさんへ

車の中でも ワタシの膝の上で大暴れだったぽんさん

お店に着いてからも ゴキゲンな顔で
まだかまだかと注文したラーメンを待っていた


2017-5-17-1.jpg
早く早く~♪


待ってる間 途中ソワソワしたので
一旦 おチッコをさせるために 外に出て
スッキリしたところで またテラスに戻ってきた。

そのテラスにあがる時 一瞬段差に躓いて
どこかをぶつけたらしいぽんさん

まぁ慌ててよくある事なので あまり気にせずにいたが
ここから異変は始まった


2017-5-17-2.jpg


ワタシたちがラーメンを食べている時は
フツーだったが 人間が食べ終わり
じゃ、恒例の麺食いだよ~ とラーメンを上から垂らしても
口元に運んでも 何故かそっぽを向き 食べないぽんさん

…なんかおかしい。

暑いのかな?と 店主サンも気にしてくれて
風除け?のカバーを上げてくれても
かき氷をサービスしてくれても
どうにもぐったり…

なんかおかしいから 今日は帰ろう。
と、慌てて帰りつつ 途中で病院に電話をした。
5年前の時みたいに舌が白っぽくなってきていたので
また骨髄閉鎖が再発したのか??



まだ午後の診療時間にはなってなかったが
診てくれるとの事で 直行。


2017-5-17-4.jpg
ココに来ればちょっと安心~


すぐに異変を感じた先生
レントゲン数枚とエコーを見るなり

「脾臓か肝臓あたりに影があるなぁ…
多分 血管肉腫か肝細胞癌だと思う。
開けてみなければ何とも言えないが
どのみちこのままじゃ衰弱して危ない。」


2017-5-17-3.jpg


もちろんこのままじゃぐったりしているので
即お願いすることに。

「正直 生命の保証はちょっと…」

と、言われたので 思わず言ってしまった

先生っ!ワタシ今日誕生日なんですっ!!
お願いだから命日にしないでくださいっ!!

頭を抱えながらも先生 頑張って緊急手術をしてくれた
(その間 午後の診療をお断りして頑張ってくれた)


2017-5-17-5.jpg
手術の前のぽんさん


ぽんたを病院に預け 女子たちを家に連れて行き
また病院へ戻ると

中から 呼ばれ 手術の過程を全部見せてくれた。

お腹をメスでスッと切ると 中から大出血が…

病名は末期の肝細胞癌で その腫瘍が
体内で破裂してしまい 大出血をしていた

体内は血の海で でっかい腫瘍を取り出し
潰れてそぼろのようになった腫瘍も全部出し
他の部分を見てみると…

残念ながらあちこちに転移していて
取り切れない腫瘍はそのままで縫合

2017-5-17-6.jpg
※ グロいです。すみません
ちなみに取り出した腫瘍は181g



大手術を終えたぽんた ぐったりだったが 先生が

「もう1回 美味しいオヤツ食べような!」
とぽんたに話しかけてくれた
麻酔をした時点で一瞬呼吸が止まったらしいが
先生もぽんたも頑張って持ち直してくれた


2017-5-17-7.jpg


とりあえず一命はとりとめたが 余命は秒読み
と言われた。

が、この力強い 自発呼吸を聞いていると
絶対に大丈夫!!




と、確信し 家に戻った。


とはいえ、家に帰っても落ち着かないワタシ
病院の終了時間ギリギリにもう1度 様子を見に
行ってみると


2017-5-17-8.jpg


まだ意識は戻ってなかったが
やっぱりしっかりした呼吸だったので
「すごくすごく頑張ったね。
早くおウチに帰って美味しいモノ食べようね。」
と、話しかけ 帰ってきた。




10日(水)

休み明けは朝から仕事が入っていたので
11時頃 病院へ行くと…


「…ダメでした。」

後からダンナが「留守電に入ってた。」と。
おーい!気づけよ。


「あれから意識も戻って瞬きもしたし
夜中の3時頃 胆汁らしきものを吐いたが
その時は起き上がって吐いたので
こりゃ大丈夫だと思った。
朝6時頃まで診ていたが
その後仮眠しているちょっとの間に
ひとりで逝ってしまいました。」

「食べるのが好きな子だったから もう1度食べさせて
あげたかった」


2017-5-17-9.jpg





…ぽんちゃん お疲れさま。
すごくすごく頑張ってくれたね。
ヘタレで心配性なワタシに 弱ってく姿を見せないように
死に際の苦しんでる姿を見せないように
そして ワタシの誕生日を命日にしないように
最後まで親孝行をしてくれたね。



肝臓は『物言わぬ臓器』と言われるらしく
腫瘍が破裂し出血するまで ぽんた自身
痛いも苦しいもなかったらしい。
それだけが救いかな…




***********************









↑を書き終え 涙と鼻水でボロボロな私。
やっぱりヘタレなのでコメント欄
本日もお休みします。
プロフィール
ぽんた 2004/3/15生まれ(♂) 2017/5/10永眠 享年13歳 あんこ 2009/10/2生まれ(♀) くり  2012/7/21   (♀)

benchan

Author:benchan
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR